個人民事再生の事例

借金総額が500万円→400万円(100万円減額)

福岡太郎さん(仮名・50歳)は、福岡市内で個人商店を営んでいます。しかし、近くにスーパーが出来て、売り上げも激減してしまいました。店舗兼自宅の住宅ローンや仕入れ、商店立ち上げの際の公庫からの借入れ返済のために赤字が続き、生活費のために消費者金融や銀行で借入れを始めました。福岡さんは宅配にも力をいれ、商店の利益が月額30万円ほどまで回復してきました。しかし、そのころには、住宅ローンを除いた借金の総額は500万円、返済額も月額14万円に達し、慢性的な生活費不足のために借り入れては返済するということが続きました。

福岡さんは「まだ元気な内は何とかなるかも知れないが、このままではいけない」とインターネットで相談先を探し、福岡個人再生相談室に相談することに決めました。

福岡太郎さんの状況

個人民事再生の事例

福岡太郎さんの希望

今後も商店は続けたいし、住宅も残したい

この相談を受けた福岡個人再生相談室は、様々な債務整理方法を案内しました。資料から店舗兼住宅も個人民事再生手続上で住宅と評価できるものであると分かったので、福岡さんは住宅ローンの特則を利用した個人民事再生を選択しました。

個人民事再生の事例

 

※これは個人民事再生によって実現出来る可能性を基に創作した事例です。具体的事情によって結果は異なります。


お急ぎの方でも、即対応いたします! お気軽にお電話ください!0120-806-996 メールによる無料相談はコチラ 24時間受付中! LINEでのご相談

ふくおか司法書士法人が個人再生手続きで皆様に選ばれる理由

天神駅・赤坂駅より徒歩5分 西鉄と地下鉄のダブルアクセス
住所:福岡市中央区大名2丁目1番35号 トライエント山崎ビル4階

チャットでの
ご相談はこちら