900万円→230万円へ減額できました

  • 相談者  男性(妻と未成年の子2人の4人家族)
  • 債務額  クレジットやカードローンなどで約900万円+住宅ローン約1500万円
  • 職 業  会社員
  • 収 入  手取り約35万円+賞与

** 経緯 ***

借入原因は飲食などの浪費で、ご相談時の毎月のご返済額は15万~20万円にも膨れていました。 当初奥様に内緒でしたが債務整理の相談の後、打ち明けて手続きに協力してもらいました。 はじめての手続きだったので本当にうまくいくのか半信半疑な様子で、また、子供さんの進学に伴いかなりお金がかかる見込みで心配されていました。

** 相談 ***

マイホームを守るため個人再生ですすめることになりました。調査の結果、自動車、持株会、保険の解約返戻金や退職金見込み額等を合わせると約230万円の財産がありました。個人再生における最低弁済額は借金の総額によりそれぞれ基準が定められており、住宅ローンを除く債務額が約900万円のこのケースでは「債務額の5分の1」つまり、裁判所の認可が出れば、約900万円×1/5=約180万円まで減額することができます。この最低弁済額と清算価値(財産を換価した場合の価値)を比較し、いずれか高いほうの額を返済することになりますので、この方は清算価値の230万円が手続き後の返済額となります。

** 結果 ***

返済額は最低弁済額の180万ではなく清算価値の230万円となり、これを3年で計画通りに返済が完了すると残りの約670万円は免責されるという決定がでました。個人再生は借入原因は問われませんので、今回のような浪費による借入で自己破産できないケースでも利用できます。また、住宅ローン付きの自宅を残したまま住宅ローン以外の借金だけ減額できます。そして、車や保険などの財産を残すことができます。その分清算価値が最低弁済額を上回ると返済額が増えることもありますが、財産を手放さずに済みます。今回は、これら個人再生のメリットを最大限に享受できたパターンだといえます。 個人再生の利用にあたってはいくつか条件がございます。どのお手続きが適しているか、ご状況に応じてご希望を踏まえながらご案内をいたします。お気軽にご相談ください。

解決事例の最新記事

お急ぎの方でも、即対応いたします! お気軽にお電話ください!0120-806-996 メールによる無料相談はコチラ 24時間受付中! LINEでのご相談

ふくおか司法書士法人が個人再生手続きで皆様に選ばれる理由

天神駅・赤坂駅より徒歩5分 西鉄と地下鉄のダブルアクセス
住所:福岡市中央区大名2丁目1番35号 トライエント山崎ビル4階

チャットでの
ご相談はこちら